2009年8月29日 (土)

”変わる”か?

暫くほったらかしだったけれど時事ネタの写真が撮れたので久しぶりの更新を・・・。

この写真は公示前の16日にたまたまカメラを持って歩いていて出くわした光景。

ちなみに私も握手を求められたけれど、お断りしました。というか無視した。
この候補がどうこう言うのではなく、インフルエンザが問題になっている時にそれこそ無数の人と握手をした手を触るのがいやだったんで・・・その点に関してはこの候補はちょっと無神経というか、配慮が足りないか。まあ、必死なんでしょうけど。

ここで特定の候補や政党の非難や応援をするつもりはないけれど、とりあえず何かが”変わる”ことを期待して!

RICOH Caplio R2

R0011088a

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

町名表示板に関しての覚書

町名表示板”をきのうエントリーした際に調べたことを、自分自身が忘れない様まとめてここに置いておく。

面白いものを見つけたと思ったけど、正確な呼びかたが解らない。
”住所表示板”とか適当な呼びかたででいこうとしたけれど気になったんでウィキペディアで調べてみると、街区表示板と町名表示板という2種類があり何やら難しい話が出てきた。

======== 以下ウィキペディア(Wikipedia)抜粋 ========

街区表示板(がいくひょうじばん)

日本の住居表示を実施している地域で、住所を表示している細長いプレートのことをいう。街区符号板、または町名板とも呼ばれている。主に電信柱や家の塀などに付いている。原則的には自治体(各区市町村)が設置する。街区表示板は住居表示に関する法律によって設置が義務づけられている。

町名表示板

住居表示を実施していない地番区域でも町名だけが書かれたり、地番(○○番地)が書かれている似たような表示板を見ることがある。これを町名表示板という。ただし、これは街区表示板とは違い、設置義務はない。

=======================================================

で、地番や住居表示て何?

======== 以下ウィキペディア(Wikipedia)抜粋 ========

住居表示(じゅうきょひょうじ)

住所の表し方の一つで、日本のものは1962年(昭和37年)に施行された住居表示に関する法律に基づいて行われる、街をわかりやすくしたり、郵便物を配達しやすくすることを目的にした制度である。
例えば、○○三丁目11番6号(○○3-11-6)という住所のとき、町名は「○○三丁目」で、「11」を街区符号、「6」を住居番号という。
住居表示には、街区方式と道路方式がある。日本では、多くの場合、街区方式が用いられている。
住居表示の実施地区においては、各街区の角に街区表示板、各建物に町名板と住居番号板(住居番号表示板とも言う)の2枚から成る住居表示板が設置される。

地番(ちばん)

一筆(一区画)の土地ごとに登記所が付す番号をいう。
地番を定めるに当たっては、市、区、町、村、字又はこれに準ずる地域をもって地番区域を定め、 この地番区域ごとに土地の位置が分かりやすいものとなるように定めるものとされている。

地番は土地の場所、権利の範囲を表すための登記上の番号、住居表示は建物の場所を表す番号と言うことができる(ただし、登記上の建物番号と住居表示の住居番号は全く異なる)。住居表示の実施された地域でも登記上では地番で表され、地番が消滅することはない。

=======================================================

要は町で見かける殆どのものは街区表示板で、住居表示をしていない地区とか住居表示を実施する以前に設置されたものは町名表示板ということ。

結局現物を見て”○丁目○”と書かれたものは街区表示板で、町名だけとか”○丁目○番地”となっているのは町名表示板だと思えばいい。

で、昨日の写真のは番地が入っていて古いものなので”町名表示板”だということ。

以上、町名表示板に関しての覚書でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

”マボー豆腐”

ただのあげ足取りです。

RICOH Caplio GX

R0011113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

パッチギ見ました

金曜ロードショーでパッチギを見ました。
いい映画でしたがとっても気になると言うか、非常に引っ掛かるところが一つ。

校舎の窓とか、民家の窓が”アルミサッシ”なんで奇麗すぎて、60年代後半にはどう見ても見えない。
当時はアルミサッシなんてまだあんまり無かったはずで、あのぐらいの古い校舎なら鉄サッシのはずだし、ましてや民家の窓なんかは木製だったはず。
アルミサッシは白っぽくてよく光るんで、テレビの小さな画面でも目立つもんだから気になって、気になって。
病院も奇麗すぎたし、時代考証がちょっといい加減じゃない?って思わず突っ込みをいれたほど。
でも、映画をけなしているんじゃなくて、いい映画なのにちょっと惜しいなって。

ほんといい映画でした。
感動しました。
実は感動どころか、いい歳をしてしっかり泣いちゃいました。
笑いも涙も有るとは聞いていましたが、笑いながら泣けるとは・・・。
看護婦の跳び蹴りシーンで爆笑し、ラジオをもって走るシーンでぐっと来てしまいました。

今まで柄の悪いただのおっさんだと思っていたのに、筒井監督にやられちゃいました。

RICOH Caplio R1

Rimg7618

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

ぴかぴかのダクト

新築か改築したのか、空に映える鮮やかなツートンのブルーの壁。
そこにぴかぴかの換気ダクト。
本当に新しいようでブリキの表面に光が反射してとてもまぶしい。

こう言っては失礼ですがただの町工場なのに、とてもかっこよく目に映ります。

大正区小林西

RICOH Caplio R1

Rimg7526_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 2日 (金)

懐かしいラベルデザイン

東住吉区山坂JR南田辺駅近くの商店街。

看板の真ん中にあるアサヒビールのマーク。
これ、昔のアサヒビールのラベルデザインですね。
ドライに変わる前か、まだもう一つ前ぐらい?
自分がビールをよく飲みだしたのはドライが出てからなんで、このラベルのビールを飲んだ記憶はない(というか未成年のころ?)んですが、なぜか懐かしい。

この時は自転車で前を通りかかったのですが、既に日は暮れて寂れた商店街は薄暗かったのに、酒飲みの性かすぐ見つけました・・・(^^ゞ

RICOH Caplio R1

Rimg8810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

絶滅危惧種-四角いセメント製ごみ箱 2

以前の記事で絶滅危惧種と書きましたが、また見つけてしまいました。(^_^;)

意外と残っているものなんでしょうか?
ここは道路から少し奥まったところに有るので、注意していないと見過ごしてしまいます。
今まで目にしなかったのは自分自身が気を付けて、見ていなかっただけなのかもしれません。

アパートか寮のようですが人の気配がなく空家のようで、残っているとは言っても使っているわけではなく、放置しているだけのようです。

西成区津守

RICOH Caplio R1

Rimg8603

Rimg8606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

落ち着かへんやろうなぁ、お地蔵さん

南海高野線帝塚山駅の近くにあります。
ここは線路を渡りたくて踏切を探していて、たまたま通りかかって見つけました。

昨年の大晦日に撮影しました。(忙しいときに何をしてんねん!(^^ゞ )

まわりの人は当然のように通り過ぎていきますが、はじめて見る私は「えっ、何で?どうしてここに?!」という感じ。

なぜこんな状態になったのでしょうか?
いわれとかいきさつが何かあるのかも。
それにしても普通は道の真中に祠は建てないし・・・

多分、江戸時代くらいからお地蔵さんはあったんでしょうね。もともと細い道の傍らに祠があって後から道を広げ、そこにたまたま線路が通り踏み切りができたんだと思うんですが、どうでしょう?

調べていないので実際のところは分からないのですが、それにしても面白い。

いきさつは何にしても背後を電車が走って喧しいし、すぐそばを人や自転車が通りすぎるので、お地蔵さん落ち着かへんやろなぁ。

RICOH Caplio R1

Rimg7793

Rimg7802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

津守 灰亀商店

西成区津守にある灰亀商店。
セメントの卸のようです。

ここは大通りに面してあるんですがたまに車ですぐ前を通っていたにもかかわらず、最近まで知りませんでした。
大阪の一部では割と有名なようで、面白い建物があると名前は何度かブログとかで見かけていました。どこに有るんだろうと思っていましたが、たまたま、自転車で通りかかってはじめて気がつきました。

壁は少し痛んでいますが窓はアルミサッシに換えられていてしっかり現役のようです。
見る側からするとアルミサッシに換えるのは情緒がなくなるのであまり面白くはないのですが、まあそれは他人の無責任な考えですね。壊れたところを修理するということは、その建物を実用として使っていると言うことですし家主としては当然です。

ここを10年前に見たら興味なかったでしょうしダサいとさえ思ったかもしれませんが、今見ると魅力を感じます。かわいいとさえ思います。若い女の子がよく「キャーカワイイ~」と連呼する感じですね。
でも私のようなおっさんが言うと気持ち悪いので口には出しませんが・・・

看板にあるように灰亀の灰は”石灰”の”灰”のようです。
名前も建物もとっても魅力的です。

RICOH Caplio R1

Rimg6476

Rimg6473

Rimg6477

Rimg6475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

疾走少女

1つ前の記事で出てきた大正湯のすぐ近くで、自転車を押して走る女の子。

押しているのが幼児用自転車なのであまりの遅さに痺れを切らしたか、急ぎの用事でもあるのかそれとも単車の押しがけの練習か?
とにかく全力疾走でした。

あまりのしゃかりきぶりに思わずシャッターを切ってしまいました。

RICOH Caplio R1

Rimg7117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧