« 疾走少女 | トップページ | 落ち着かへんやろうなぁ、お地蔵さん »

2007年1月30日 (火)

津守 灰亀商店

西成区津守にある灰亀商店。
セメントの卸のようです。

ここは大通りに面してあるんですがたまに車ですぐ前を通っていたにもかかわらず、最近まで知りませんでした。
大阪の一部では割と有名なようで、面白い建物があると名前は何度かブログとかで見かけていました。どこに有るんだろうと思っていましたが、たまたま、自転車で通りかかってはじめて気がつきました。

壁は少し痛んでいますが窓はアルミサッシに換えられていてしっかり現役のようです。
見る側からするとアルミサッシに換えるのは情緒がなくなるのであまり面白くはないのですが、まあそれは他人の無責任な考えですね。壊れたところを修理するということは、その建物を実用として使っていると言うことですし家主としては当然です。

ここを10年前に見たら興味なかったでしょうしダサいとさえ思ったかもしれませんが、今見ると魅力を感じます。かわいいとさえ思います。若い女の子がよく「キャーカワイイ~」と連呼する感じですね。
でも私のようなおっさんが言うと気持ち悪いので口には出しませんが・・・

看板にあるように灰亀の灰は”石灰”の”灰”のようです。
名前も建物もとっても魅力的です。

RICOH Caplio R1

Rimg6476

Rimg6473

Rimg6477

Rimg6475

|

« 疾走少女 | トップページ | 落ち着かへんやろうなぁ、お地蔵さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3829/5130693

この記事へのトラックバック一覧です: 津守 灰亀商店:

« 疾走少女 | トップページ | 落ち着かへんやろうなぁ、お地蔵さん »