« 西成区-津守徘徊 01 | トップページ | 西成区-津守徘徊 03 »

2006年7月28日 (金)

西成区-津守徘徊 02

西成区西側の津守は”津”の字が入っているのでもともとは港だったようで、西成区のホームページなんかを見ると江戸時代には北前船などでにぎわったとあります。
でも、現在では川沿いは大正区と同じように、工場街です。
ここはコンクリートの骨材となる砂や砂利を扱っている会社のようです。

多分割れて落ちたスレートの壁の形が面白いです。

人の気配が無いのに門が開けっ放しで無用心に思いましたが、砂利を盗んでいく者はいないんでしょう。

RICOH Caplio R1

Rimg4613a

|

« 西成区-津守徘徊 01 | トップページ | 西成区-津守徘徊 03 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3829/2833229

この記事へのトラックバック一覧です: 西成区-津守徘徊 02:

» Ricoh Caplio GX系 (GX/GX8) Part4 [デジカメ・出磁瓶]
Ricoh Caplio GX系 (GX/GX8) Part4 [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 06時22分

« 西成区-津守徘徊 01 | トップページ | 西成区-津守徘徊 03 »