« ピカピカの壁・錆びた壁 | トップページ | またまた千本松渡船で事件に遭遇 »

2006年4月25日 (火)

小奇麗な長居変電所

以前の記事”不気味な変電所”で窓をトタン板で目隠しされ壁も汚く不気味だと言うのを書いたが、同じように窓を目隠ししているがこちらはステンレスでピカピカ光っている。壁もちゃんと塗り替えてあってとても小奇麗。
ちょっとかっこいいぐらいだ。

確か昔は壁も塗っておらず、薄汚れた感じだった。
「えらい差が有るなあ、こんなに綺麗にしているところも有るんだ」と思って、よく確認したら関電ではなく最近厚遇問題で全国的に話題の”大阪市”交通局の長居変電所。無駄使いが多いのと変電所が綺麗なのは、関係が有るのかどうかは良く分らないけれど(やっぱり有るかなぁ~。予算使い放題なのかな、ステンレスの目隠し高価そうだし。)民間企業とお役所は違うなぁと思ってしまう。これ以上書いていくと話が逸れそうなんで止めとこう。

私は無駄遣いは困るけど、外観を綺麗にする事自体はいいと思うんだけれどね。

RICOH Caplio R1

Rimg4269















Rimg4272

|

« ピカピカの壁・錆びた壁 | トップページ | またまた千本松渡船で事件に遭遇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3829/1536364

この記事へのトラックバック一覧です: 小奇麗な長居変電所:

« ピカピカの壁・錆びた壁 | トップページ | またまた千本松渡船で事件に遭遇 »