« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

大阪城公園-梅林(3)

知人と行ったので待たさないよう歩きながら時折立ち止まっては、あまり考えずにシャッターボタンを押した。

接写モードにさえすればコンパクトデジカメで、こんなクローズアップの花が撮れるとはなんて簡単!
特にこのリコーのデジカメは接写に強いようだけど、よく考えるとこれはなかなか凄い。いい時代になったもんだ。・・・って言うのは中年の証拠?
若い人はこんな事当たり前と思っているのかなあ。

高校時代に塩ビパイプを切って、お手製接写リングを作ったのが懐かしい。
(でも、ろくに撮影しなかったけど。今残っているのは10円だまのアップのみ(^_^;) )

RICOH Caplio R1

Rimg4093















Rimg4094















Rimg4096















Rimg4102

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

大阪城公園-梅林(2)

RICOH Caplio R1

Rimg4087















Rimg4089


























Rimg4090

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

大阪城公園-梅林(1)

先週の25日の土曜日の大阪城公園。
梅はもうすでに盛りを過ぎていて花が散ってしまった木の方が多かったが、遅咲きの木はまだまだ楽しめそうだった。
今年の大阪城公園は、梅・桃・桜の三つが一度に何とか見れそう。

RICOH Caplio R1

Rimg4072















Rimg4077















Rimg4079

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

大阪城公園-リスザル

桃園でビールを飲んでいたらリスザル登場。
女の子なんか「かわいい」を連発し集まってきてすぐに人だかりの出来る凄い人気。
このリスザル女の人には触らすくせに、私が触わろうとするとキーキー言って逃げてしまう。
こいつサルのくせに人相がわかるのか?

静かに花を見たい人には迷惑かなとチラッと思ったが、飼い主さんに聞いたら毎日の散歩コースらしく、たまに花見にくるこちらのほうがお邪魔虫(古っ)。

Rimg4026















Rimg4036















Rimg4043















Rimg4045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

大阪城公園-桃園

一昨日の記事に引き続き、大阪城公園での花見の話題。
花見といっても桜にはちょっと早いので、梅と桃を。
まずは桃園で弁当と一昨日の記事のようにビールを楽しんだ。
結局は花より団子!

RICOH Caplio R1

Rimg4024














↑桃はまだ咲いていない木も沢山。

Rimg4050














↑桃園なのに黄色いのはミモザ(アカシア)かな?

Rimg4020














↑モデルか彼女の撮影をする人も

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

春場所

朝青龍が優勝したけれどテレビでの言動を見ているとどうも好きになれない。
別に日本人じゃないからなんて言う気は無いよ。でも何でかははっきりとは判らないんだけど、な~んか感じが悪い。

まあ、もともと大相撲には興味は無いからどうでもいいんだけどね。(^_^;)

昨日の記事に引き続き大阪城公園の話題を・・・と思ったけれど今日千秋楽だったんで、話題が古くならないうちにちょっと割込みでした。

Rimg3996

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

大阪城公園-空き缶

本日は知人と大阪城公園で花見をしてきました。

自分ではこの写真、「いい感じでしょ」と思うんですが・・・どうでしょう。
春らしくないですか?

Rimg4021

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

給水塔-大阪製鐵恩加島工場

Caplio R1

Rimg3590

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

壁際の春

落合上渡し(以前の記事)の隣の町工場。波板の壁際で咲いた小さな春。

Rimg3635_1















Rimg3637

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月22日 (水)

かぁ~~ッ


Rimg3601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ドア

自転車で前を通りかかってチラッとアパートが目に入り、「???」と思わずブレーキ。
「ド、ドアが多すぎる。」
しばらく考えて「!」。
2階の部屋のドアも全て1階にあるのでした。

Rimg3596

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

帰路

Rimg3690















Rimg3692

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月19日 (日)

旧友来る

昨日はインドネシアに出向中の旧友が年に一度の帰国。

今年は梅を見ながらBBQと予定だったがあいにくの曇り空。往生際悪く今にも降り出しそうな空模様の中を目的地に向かったが、目前でぽつぽつと降り出し仕方なく目的地を二色浜の高架下に変更、雨の中肉を焼き始めたがあまりに寒さに熱燗を飲んでも暖まらず、仕方なくスピードを上げ肉を食べきってスーパー銭湯に逃げこんだ。

風呂上りのビールが最高でした。(^_^;)

Rimg3678_1















Rimg3679















Rimg3689















Rimg3683

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月17日 (金)

リサイクルショップ

営業しているのか、していないのか・・・
ちなみにここは、元自動車修理工場。
店自体がリサイクル。

Rimg3559

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月16日 (木)

くつろげる公衆電話

椅子付き・・・有りそうでなかなか無い。
これならくつろいで心置きなく長電話が出来そう。(^^)

Rimg3583

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年3月15日 (水)

団地の春

先週末の近所の団地。
春っぽかったのでちょろっと撮影。

Rimg3456

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

大阪市営渡船(落合下渡し)

夕方散歩がてらに自転車でふらふらと出て行くときに、渡し船をよく利用するが気分転換のため時折コースを替えている。
本来は千本松渡しを利用していたがここしばらく以前記事に書いた落合上渡しを利用していたがそこもちょっと飽きたのですぐ500mほど下流にある落合下渡しを利用してみた。といっても景色はほとんど変わらない。のでまたすぐ飽きるか?

ここはほんとに周りに工場しか見えない。(西成側の乗り場は下水処理場の裏だったりする。)落合上渡しの時にも書いたけどほんとに殺風景、でも自分では嫌いな風景じゃない。

Rimg3079















Rimg3080















Rimg3083















Rimg3008















Rimg3006















Rimg3004















Rimg3013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

ブリキ屋

ブリキ屋って珍しい。
聞いた事無い・・・でもそういえば私の家のレンジフードは、ブリキ板で職人に作ってもらったものだっけ。最近はそう言う職人も少ないのかも。

看板もガードレールも錆びて茶色に。
ついでに壁も引き戸もカラーコーディネートされて茶色で統一。
でも、ブリキ屋の看板が錆びていると言うのは、どうなん?
紺屋の白袴、医者の不養生って所か。
あ~看板はトタン板だから良いのかな・・・何のこっちゃ(^_^;)

Rimg3153_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月11日 (土)

空いている八方尾根

日曜日に行った八方尾根。
先日の記事では良く晴れて爽快としか書かなかったけど、スキー場自体に意外な印象が・・・。
3月とはいえ日曜日なのにとっても空いていた。

記憶では八方といえばとにかく込んでいて何十分もリフト待ちをし、ゲレンデは立ち止まった人で一杯という印象で、以前来たときはもう二度と来ないでおこうと思ったくらいだ。(はっきり言ってもともと八方は好きではなくて白馬なら五竜が好き。)
でも、リフト待ちはゴンドラ以外なく何だか拍子抜けするぐらい空いている。ゲレンデ下の町の印象も閑散として寂れた感じ。
昔はもっとにぎやかでキラキラしていたような気がしたけど、やっぱりあれはバブルの影響だったのか。今はくすんで何だか暗くなって、スキー場自体が歳をとった感じ。

全体の客数が減っているとは聞いていたけど、八方でもこんなんだとは思わなかった。

そういえば、昨シーズンだったか客数が五竜と47を合わせると八方を越えたって話がどこかのサイトで出ていたようないなかったような。

空いているのは嬉しいんだけど、もともと八方が好きではなかった自分としても白馬の盟主が元気がないと何だかちょっと寂しいなあ。

Rimg3273

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月10日 (金)

こんな所に懐かしい黒電話

八方尾根先日書いた記事)のホテルの部屋。
ベットの間に鎮座する懐かしい顔。

ここ何年も見ていなかったような気がする。個人の家庭ならまだわかるけど、まさか今どきホテルで黒電話を見るとは思わなかった。
私の家もかなり遅くまで使っていたが、それでももう10年以上前にコードレスフォンに買い換えた。

しかし何でだろう。
低料金が売りのホテルだったんで、コストダウンのためかもしれない。
それにしても物持ちが良すぎる?(いまどきの華奢な電話機と違って、ちょっとやそっとでは壊れないけどね。)

何だか久しぶりに幼なじみに会ったような気分・・・ってちょっとオーバー?(^^)

Rimg3295

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 9日 (木)

妻籠宿

昨日の記事の奈良井宿に引き続いて月曜日に行った妻籠宿。
やっぱり奈良井宿よりこちらのほうが雰囲気がいいと思うがどうでしょう?
雨なので空が真っ白になってしまって、”晴れならば良かったなあ”とちょっと残念。
ただ、天気が悪いのでスキーをせずに観光に来ているので晴れていれば、まだ八方尾根にいただろう。

Rimg3405















Rimg3408















Rimg3413

























↑妻籠宿といえばこのアングル、やっぱり自分でも撮ってしまった。

Rimg3414















Rimg3419

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

奈良井宿

昨日の記事で日曜日に八方尾根に行った事を書いたが、本当は日、月の2つ日間予定だったんだけど月曜日はあいにく天候が悪く雨模様だったので、すべる気にならずそのままゲレンデに上がることなく、午前中に宿を立った。大阪へ帰る道すがら、木曽路の奈良井宿、妻籠宿をまわってきた。(ちなみに馬籠宿も有名だが、疲れたので行かなかった。)

妻籠宿は以前行った事があったが、奈良井宿は今回が初めてだった。
意外だったのは、妻籠宿よりも奈良井宿のほうが保存地区が広かった事。
自分としては妻籠宿のほうが有名だと思っていたが、間違い?
平日だったので観光客はまばら(雨という事のほうが大きいかな?)で人通りはあまり無く、落ち着いて散策できた。
ただ奈良井宿は時折車が走っており、写真の邪魔だった。本当はぶらぶら歩いているこっちが邪魔?(^_^;)
駐車車両も結構あって雰囲気ぶち壊し。
休日はどうするんだろう、車両進入禁止にするのか?
でも、観光客が多いから痛し痒しってところかな。

写真は全て奈良井宿、妻籠宿また明日以降に。

Rimg3322















Rimg3328















Rimg3340


























Rimg3344















Rimg3382















Rimg3370

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 7日 (火)

快晴の八方尾根

この間の日曜日に快晴の八方尾根へ行ってきた。
少し霞んではいたけど、午前中は稜線まではっきり見えなかなかに爽快でした。

Rimg3189
























Rimg3191














Rimg3231





Rimg3218
































Rimg3276

















う~ん、とっても爽快!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

昨日に引き続き、色ネタ。

昨日に引き続き、色ネタ。
昨日の緑があるならあとは赤と黄色があれば信号機になるなと、思ったらすぐ近く2,3軒隣にあった。
我ながら単純で子供のような発想だな・・・(^_^;)

Rimg2868

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

緑で統一

緑で統一してみました・・・自転車のおばあちゃんの帽子も。

Rimg2866_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 4日 (土)

お隣さんの痕跡

西成区岸里、道路拡張工事の為だと思うけど周りが更地になっている。
壁にお隣さんの痕跡が残っている。
断面図を見てるようでもあるネ。
角がはみ出しているから、ひょっとしたらこの家も取り壊されるのかも・・・
しばらくすると辺りの表情が変わってしまうんだろうなあ。

Rimg3149

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 3日 (金)

大正内港の浅瀬

旧友のお母さんが亡くなられた。

中学生からの付き合いになるので30数年になる。良くお世話になったので私としても大変悲しく、切ない。
葬儀では受付をお手伝いした。
最近の商業化されシステマチックで形式的な葬儀はうんざりだし、芝居がかった司会のアナウンスはへどが出そうだったが、受付なので離れたところから眺めていたら、しみじみと感情がこみ上げてきた。葬儀で自分の感情や故人との思い出に浸りたい時は、すこし離れたところから眺めているのが良いのかも知れない。

写真はその友人と中学生の頃よく遊んだ場所、大正内港。
大阪の尻無川から大正区に人工的に深く細く矩形に切り込まれ、周囲は全てコンクリートの堤防と岸壁に囲まれている。
30数年前は写真を撮っている北側の岸はちゃんと整備されておらず、全て浅瀬になっていた。(港なので遠浅ではなくすぐ深みになっているけど・・・。ちなみにもっと前は貯木場)
そういえば中学生のとき筏に乗っていて一度落ちたことがあり、ひどい目にあった。(道頓堀ダイブを想像してもらえれば多分近い、熱は出なかったけど・・・(^_^;) )
先日行ってみたら、全く無くなったと思っていた浅瀬が少しだけ残っていた。
ただ、岩に見えるのはコンクリートの塊だけど。

こんなしょうもない事が、少し嬉しい。

Rimg3107_1















Rimg3113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »