« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

年末渋滞中の鶴橋

29日夕方に用事があって難波方面から今里に走る。

やっぱり年末は車が大変多く、おまけに事故とかあって渋滞。
難波方面からは千日前通りを一直線に、途中環状線鶴橋駅の高架下をくぐって行くが、すぐそこなのに鶴橋駅がなかなか近づかない。
暇なので運転しながら、信号待ちのあいだ撮影。
ピラーとか入る(それはそれで良いのかも)ので真正面しか撮れなし、すぐ信号変わるので落ち着いて撮れない。
判った事は結局、運転席で写真を撮るのは難しい。
(危険なので撮影に熱中するのはやめましょう。(^-^;) )

ところで、信号機の赤ってなかなか赤く写らない。
-1補正をしたが、「えっ走行中に撮ったっけ?」と一瞬黄色と間違った。
(危険なので走行中に撮影するのはやめましょう。(^-^;;) )
信号の赤を赤く写そうとすると、かなり画面全体を暗くしないといけない。
と言うかならないかもしれない。
デジイチとか、センサーサイズが大きいと違うのか?
これって常識?

Rimg1721














Rimg1722















2枚目は復路、1枚目が鶴橋とわかりにくいので・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

散髪屋でコーヒータイム

昨日、散髪屋に行ってきた。
行くと先客はすでに終了していたが、ちょっと待ってくれと言われコーヒーを飲むかと聞かれた。
要は散髪屋さん自身がコーヒータイムにしたかったらしく、ありがたく頂いた。
ほんの10分程の短い時間だったけれど、ちょっと得をした気分。

Rimg1697_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日の肴

ひらめの刺身、さばきずし。
仕事納めのサラリーマンで店は大混雑の大騒ぎ。
カウンターの隅で小さくなって飲む。

Rimg1713














Rimg1714

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいてん、かいてん、かいてん・・・

CMを見た。
年末なのにあのCM。
店舗を見つけたので撮った。
ん~何もでてこない。
かいてん、かいてん、かいてん、かいてん・・・・・

Rimg1712

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

仲間由紀恵が少し居心地悪そう

コンビニの雑誌棚で仲間由紀恵が少し居心地悪そう。
おっぱいやらお尻丸出しの隣に並ばされて、顔が苦笑いに見えるのは気のせいか。
しばらく見ていると仲間由紀恵がお知り丸出しで振り向いている所を妄想するのは私だけ?
エロおやじでスマン。(^_^;)

Rimg1639













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

寂しげなツリー

今日はイブ。

デートの約束のある人は、ウッキウキのはず。
直前にふられた人は、不幸のどん底のはず。
ひょっとすると、お祈りをせずにふった人を呪っているかも。
どちらにしても、おやじには関係ないけど・・・
まあ、とりあえず、メリーXmas(ちなみにXの’は要らないそうだ。ついこの間聞いて、目から鱗。)

ホームセンターの棚の隅で寂しげなクリスマスツリー。
現品処分で叩き売り状態。
アンパンマンも処分特価?

他の棚ではもう正月飾りが・・・

撮影したのは22日だったが、あのツリーは売れたのかな?

Rimg1634


























Rimg1609

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月23日 (金)

凍結のため通行止め。で、渡船を利用

昨日の積雪は大阪で1cm。
窓からのぞくと一面の雪景色。
デジカメもって撮りに出ようと思ったが、風が強く横殴りの雪であまりの寒さにあっさり断念。
そこで、家から出る事なく屋上の雪を撮影。
とっても軟弱。

午後から晴れてすぐに融けてなくなったが、夕方自転車で飲みに出ようとしたら近くの橋が通行止めで、ビックリ。
車道も歩道も両方とも通行止めで、オーバーじゃないかと思ったが足元に凍結した水溜りを見つけ、ちょっと納得。
ほんと寒かったのね。
橋が渡れないので、橋の下の渡船を利用。
途中区役所前でイルミネーションを発見、とりあえずデジカメで撮影。
が、あまりの寒さに手がかじかんでまともに撮れず先を急ぐ。

再び区役所の裏の渡船を利用。
飲みに行くのに、渡船を2ヶ所も利用した。
我ながらなんて物好きかと思うし、なんて不便なところに住んでいるだろうと思う・・・トホホ。
でも、渡船に乗るのはなかなか趣があって楽しい。

飲み屋でいつも撮っている、肴の写真を撮り忘れる。
それを撮ってどうする?と、言う感じだがなんとなくいつも撮る。
一応品目だけでも記録・・・ホタテの刺身、ぶり大根、うどん

手袋をして出たが、あまりの寒さに指先がしびれ感覚が無くなってしまった。
まるでスキー場にいるようだった。
飲みに出た事を後悔。

渡船の写真だけは以前撮ったもの。

Rimg1619














Rimg1623














Rimg1627














Rimg1575














Rimg1633


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

クリスマスは祈らないけど、呪ったりする・・・

12月になってクリスマスイルミネーションってよく見るから、そのうちに撮ろうと思っていたらあっという間にXmas直前になってしまった。

ほんとは小奇麗なイルミネーションを、と思っていたが技術が追いつかなくって、たいしいた写真は取れなかった。
難波とか、梅田とか行かなかったし。

結果、昨日の記事とか、この記事の写真になってしまった。

昨日の記事で焼き鳥やとか鍋屋に合うか?
とか書いたけど、じゃあレストランだったらいいのか、と言われると何とも言えない。
カレーランチは食べてみたいけど・・・

このビル、普段はどうなんだっけ?
しょっちゅう前を通っているんだけど、思い出せない。

日本のクリスマスは派手で下品なんだそうだ、TVでクリスチャン(日本人だったけど)のコメンテーターが軽く馬鹿にする様に言っていた。
そりゃそうだ、日本人はクリスマスには何にも祈らないもんね。
祈らないけど、呪ったりするらしいけどね・・・

私が言ったんじゃないよ。結構賛同するけど・・・
(とくに大阪は東京より派手らしい。東京行ったことが無いので判んないけどね。)

この寒さだと、今年は関西でもホワイトクリスマスが望めそう。(大阪はちょっと無理?)

どっちにしても、おやじには関係ないか・・・

Rimg1535_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

どこでもイルミネーション

駄目だとは言えないけど焼き鳥屋とか、なべ屋にイルミネーションって、どうなの?
写真ではわびしく写っているけど、実際はもっとぎらぎらと趣味が悪く見えて「何だかなあ」って感じだった。

Rimg1470_2_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

足の指の爪に内出血・・・きたない足の写真でスマン

右足の親指の爪に内出血ができている。
前の記事で書いたが1ヶ月ほど前に行った大台ケ原でできたようだが、爪が伸びて広がってきてえらい派手なことになっている。
いった直後は無かったと思うが、1週間後ぐらいに気がついたときはもっと小さかった。

昔(16,7年以上前になるかな)、スキーに行って毎年同じ場所に内出血ができていたが、
初心者だったんで、(へっぴり腰で後傾のため)スキー靴で圧迫されたのが原因だと思うが、今回はそれらしい原因は思いつかない。
歩き方とかバランス自体に問題があるのかな?

この爪の間の内出血がなかなか直らない、別に痛みがあるわけじゃないんだが爪が伸びきるまで半年近く爪は赤黒い。
昔、毎年なっていた頃はスキーシーズンが終わり夏が過ぎ秋になり、次のシーズンが目前になってやっと爪がきれいになっていた。
要はほとんど年中、爪が赤黒かった。
久しぶりにできた親指の内出血に、なぜか懐かしさを覚えたりする。

きたない足の写真で堪忍な。

Rimg1511_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

姉歯氏の表情

「姉歯氏の表情に何か引っ掛るモノを感じていた」人が結構いるようだ。
あんな表情見たことが無い、変な表情と言う事を言いたげな趣旨のことを、たまたま見たブログで書いていた。

なんか上から見下ろして偉そうに語っていたので、カチンと来た。

今の日本ではああいう表情ってする人は結構見ると思うがどうなんだろうか?
ブログではファシズムとか、カルトを引っ張り出していたが、「何言うとんね」って感じだ。
今の日本人は、ああいう顔じゃないのか?
私はあの表情は良く見たことが有るような気がする。
企業とか、官庁の謝罪会見でよく見るような気がするが、私だけか?
今の日本人は、結構あんな顔じゃないのか!

私自身も、そうではないと言い切れない。

一流企業とかに勤めている人とか、弁護士とか、記者、アナウンサー、TVコメンテーターは見たことが無いのだろうか?

中小企業、下請けには人間性さえ無視されつつ、日々生きるために仕事をしている人が結構多いとと思うが、そういうことは知らないのか。

彼をカルト凶団といっしょにしてしまう人間とは何様なんだ!!

確かに私も姉歯は許せないしあの表情は引っ掛るが、彼をカルト凶団の信者にしてしまった、今の日本が、建築業界が怖い!

目の前で、トラブルがあったとき自分自身に不利益があっても、止めに入れる自信が今の日本人には有るか?

最近は、不利益を恐れず原則を通そうとする人間はとりあえずみんな遠巻きに知らん顔するのあたりまえじゃないのか?

ちょっと、エキサイトして偉そうな事を書いてしまった
・・・反省(^^ゞ
でもね、上からものを言うような態度では、問題は解決しないと思うんだけど、この問題は。
とてつもなく大きな問題というか、裾野の広い問題だと思う。


写真の建物は、偽装問題とは一切関係ありません。

もし、壁が曲がって見えても、それはレンズの収差です。
建物自体が曲がっているわけではありません。
もし、壁が荒れて見えても、それは高感度ノイズです。
コンクリート自体が悪いわけではありません。

散々偉そうな事を並べ立てて、最後にこんな低レベルのおちですみません m(__)m

Rimg1592_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

今日はビール抜きで熱燗

飲みに行くのに手がかじかんだ。
いつもは生ビールから行くんだけど、今日はビール抜きで熱燗から。
さぶ~

12月19日2:00追加
ザウルスから画像がアップできなかったので家に帰ってからの編集。

飲み屋で肴の写真をアップしたくて飲みながら、あせって・・・慌てたんだけど・・・できなかったんで、家に帰ってアップ。
うーん、むかつく!

肴は、サーモン、スープ餃子。
あと、カレーうどん食うてもた。

Rimg1599

Rimg1600

Rimg1601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月で氷点下

大阪市内で12月に氷点下になることは、まず無い。
それどころか、ここ数年は一冬で1回有るかどうかだ。
市内でも臨海とか、湾岸とか、ベイエリアとか言われる海がすぐそこの標高の低いところ(ほぼ0mだと思う・・・(^_^;) )なのでほんと考えられないこと。
予報では夜中から朝にかけて雪の予報になっているが、積もったら凄いけど大変だ。
日曜日なんで通勤で困る人は少ないだろうけど、交通網は混乱するだろう。

1:24AM現在でこの温度なら明け方には確実に氷点下になりそうだ。
温度計自体はカー用品店で売っている、安い車内外温度計なので誤差も有るだろうけど、それにしても低い。
温暖な大阪に住んでいる人間としてはこんな事でも、ちょっとしたニュース。

Rimg1564

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

昨日の肴 &飲みにいく途中、スキー中年を見た

飲みにいく途中、スキー中年を見た。
バックとケースに入れた板を担いで歩いていた。
4~50代だとおもう。お仲間だ。(^_^)

駅と反対方向に歩いていた、友達と車ででも行くのか。

今週末行くと大雪でえらい目にあうぞ!
ざまあ見ろ!
(我ながら最低だな・・・)
でもほんとに土日は記録的な寒波が来る様で、スキー場に着く事自体が大変じゃないかな。
スキー場に着いても吹雪で滑れるかな?

まえふりとは無関係に、私は飲んで帰る。
今日は、平鯵の刺身と牡蠣フライ(撮る前に2つほど食べてしまった)。

Rimg1546











Rimg1548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

長徳さんの真似・・・ドラマチックな落日

カメラマンの田中長徳さんのMJチョートクカメラ日記というブログの14日の記事(残念ながら有料会員じゃないと過去の記事は見れない。当日の記事だけ見れる。私は当然、会員じゃない・・・セコッ!)に「かちどき橋のドラマチックな落日」の写真があって、橋の上からの夕日の写真、私も有ったなあって思い出した。
で、真似をして「チトセ橋のドラマチックな落日」。

むこうは、リコーGRDか何かの高級デジカメだろう。
こちらは、普及機のリコーCaplio R1(ちょっとひがみ)

画面左右に見えているのは釣り橋のワイヤーで、曲がって見えるのはご愛嬌。
でもこのレンズ、逆光の割にがんばっていると思うけど、見当外れかな。
それから、ワイヤーの内側に少しだけ虹のような雲(彩雲)が出ている。
見えるかなぁ?
(別にドラマチックじゃないって言わんといてねぇ)

Rimg0606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

「凍みる」

「凍みる」

たまたま、TVを見ていたらお天気キャスターの今出さん(近畿地方の人しか判らないか)が、上の字のフリップをもって天気予報をしていた。

ほんと「凍みる」

昨日の記事の続きというか繰り返しになってしまうが、北陸、信越方面は12月としては記録的な大雪で除雪中の事故で死者も出ておられるようで、ホント大変なようだ。
何かスイッチを切り替えるように、階段を下りるようにストンと季節が変わった。
確か夏から秋に変わるときもそうじゃなかったっけ?
これも異常気象の1つ?

例年ならこの時期は、ネットでスキー場のライブカメラや積雪情報を見て雪が降るのを待つというのが普通だった。
たとえば、野沢温泉のライブカメラは山頂付近のやまびこゲレンデ、日影ゲレンデ、長坂ゲレンデ、そして街並みor柄沢ゲレンデの4つあり、初冠雪の頃には日に日に上から順番に白くなっていくのが面白く、温泉街の屋根まで白くなるとワクワクしてくる。
(その年必ず野沢へ行くとは限らないのに)

その行為自体が楽しみになっているが、今年はいきなりドカッと降ったのでそれが出来ない。妙に寂しいのは天邪鬼か。

しかし、雪が降ること自体はうれしい。
雪国の人が大変なときに申し訳ないが、やっぱり雪の話を聞くとゲレンデや往復の雪道を連想してしまう。
雪道を車で走ると実際はとても大変で疲れも倍増するが、思い出すと不思議とニンマリ頬が緩む。何でだろう。
1人で思い出し笑いをするおっさんは、もし他人が見るときっと気持ち悪いだろう。(^_^)

写真は 三洋 DSC-MZ2 動画からの切り出し

Yukimiti

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長期予報では暖冬のはず?

今年の12月は寒い!
急に寒くなって10月、11月が暖かく紅葉が遅れていたのが嘘のよう。

長期予報では暖冬のはずじゃなかった?
寒気が強力なようで、まだ2週間ほど寒いようだ。
すでにこの時点で長期予報は大外れか。
日本海側では明日にかけても大雪のようで、除雪が大変だろう。

ただ、おかげでスキー場は普段より1~2週間早くオープンし、準備がまにあわずおおわらわようだ。
信州では軒並みすでにオープンしたようで、すでに積雪2mをゆうに超えている所も多い。近畿圏でもすでに積雪1mを超えている所もある。(奥伊吹)
(東北や北海道は行かないから調べてない。(^^ゞ)
そうなるとスキーに行きたくなってくる。
今シーズンは信州へ何回いけるかな。(例年1~2回がいいところだけど)

上の写真はデジカメじゃなく リコー MYPORT ZOOM mini 五竜遠見
下の写真は 三洋 DSC-MZ2 野沢温泉

75540009










Sany0004_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

今宵(昨日)のつきだし

とっても風が強くて寒いっ!

ので(?)つきだしはあったかい、かす汁!
ホント暖まる・・・
もう後はどうでもいい・・・その割にはなかなか帰らないんだけど。

Rimg1498






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

今年の漢字

ネットのニュースから

 1年の世相を表す今年の漢字に「愛」が選ばれ、12日、京都市東山区の清水寺で、森清範貫主が特大の色紙に揮毫(きごう)した。

 日本漢字能力検定協会が全国から募集。8万5322票が集まり、「愛」は4019票(4・7%)を集めた。

 黒田清子さんと夫の慶樹さんとの結婚や、女子卓球の福原愛さんの中国での活躍などが影響したとみられる。2位は改革の「改」、3位は郵政の「郵」だった。
(読売新聞) - 12月12日14時37分更新

「愛」って違うだろう!
ぜんぜん世相を反映してないよね。
この記事には無いが、「愛」地球博があったからって言う話もあるようで、何だそれって感じで納得できない。
嫌な事件ばかりで、黒田清子さんの結婚の話題なんかずっと前の話のようだ。
「愛」は4019票(4・7%)とあるけどホントに1位なの?
投票した人は、そうしないと毎年毎年殺伐とした漢字ばかりになり、納得はできても暗い気持ちになるから、そうするべきだと思ったんだろう。(その気持ちは納得できる)

たぶん、あちこちで沢山ツッコミが入っていると思うけど、私も1つツッコミを。

 12/13 2:55 写真追加  看板に愛はあるけど・・・

Rimg1501

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

紅葉の色2

この前の紅葉の色の記事に早速コメントをいただいた。
的確なアドバイスに感謝。
今後の撮影の参考にさせていただく。

ただ、アドバイスに逆らうわけではないんだけど、「順光でも、もう少し何とかならんのかな」と言う意味のつもりで書いたんだが、ちょっと言葉足らずだったかな?
写真の腕も悪けりゃ、文章力も無い悲しい私・・・(;_;)

リコーのキャプリオR1というカメラは、コンパクトデジカメで、それもどちらかといえば普及価格帯のいわゆるお気楽カメラだと思うのでほとんどのユーザーはマニアじゃない普通の人のはず。
黙って押せばぴたりと写る!のが理想だと思うんだけど。
これがキャノンや、ソニーだったらもっときれいな見栄えのする写真になったはず。

と、ここまで書いて気が付いたけど、リコーが他社と同じ事をしてても売れないか・・・と気が付いた。
というかそんな売り方していないと、気が付いた。
マニアの心をくすぐる、28mm相当からの広角レンズを載せて写真好きに買ってもらおうというのが今のリコーのカメラということか。

でもね、やっぱりこのカメラはお手軽に撮れないといけないと思う。
高級コンパクトクラスならそれでも良いと思うけど、このカメラはやっぱりマニアじゃない普通のユーザーがたくさんいると思う。
安いからかった人もいると思う。
実際私はこのカメラを、チラシに載っていたから特価で買ったし。
(^_^;)

なんか、だんだん言い訳めいてきなぁ・・・

ということで、前に持っていたハデハデ画像の三洋カメラの写真

Sany0263











Sany0282











Sany0307_1





















 
’03,11 金剛輪時 DSC-MZ2
 

Sany0043











Sany0056












 
’04,11 神峰山寺 DSC-SX150

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

今日(昨日)の肴

今日(昨日)の肴
サーモンの刺身、さばのきずし、他(野菜ひら天)
(きょうはマイナス補正のし過ぎ)

Rimg1471










Rimg1472

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡し場で事故のスクープ!

今日夕方(もう日が変わったので昨日)、飲みに良く途中、千本松渡船(私は渡船の乗って毎週飲みにに行きます。でも矢切の渡しとかは想像しないように、大阪市営で40人程乗れる大きな金属船です。)の乗り場まで行くと何やら騒がしい。

そばまで行くと、消防車やパトカーが5台も6台もいて、聞くと誰か近くで堤防か、橋の上から転落したようで、警察、水上警察、消防が捜索しており渡船に乗れない。
渡船の乗り場行ける所ギリギリまでレスキューの車は入りこみ、水上には何隻もの船がサーチライトを照らし、騒然とした雰囲気。

30分ほどした頃、発見された様で目の前をストレッチャーで運ばれていった。

そばで眺めていただけなので詳細は、判りません。

ご無事をお祈りします。

警察、消防の方ご苦労様です。

Rimg1456











Rimg1464











Rimg1467

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

紅葉の色

先日デジカメで撮影した紅葉の整理していたが、どうももう一つ色が良くない。
みんなくすんで枯れたように見える。
確かにちょっと時季が遅かったんで、ちょっと枯れ気味だったのは間違いないけれど。

それにしてももうちょっと鮮やかにならんかなぁ・・・

カメラはリコーのキャプリオR1。
撮る側の能力の問題かとも思うが、私自身は高度なテクニックなど無くプログラムモードで露出補正をするぐらいでパシャパシャとシャッターを押すだけ。
シーンモードを使えばよかったか・・・?

もともとこのカメラ(メーカー自体?)、抑えた色調で非常にナチュラル(というよりストイック)な絵作りで、買ってすぐは地味な画像を見て前の三洋のデジカメとの差にがっかりした。
(前のカメラが派手な色だったこともあると思うけど・・・。)
でもしばらくするとホントに自然な画質がだんだん好きになり、今では広角28mm相当からのズームレンズとクイックなレスポンスとともに、とても気に入っている。
特に夕日(専門的には斜光って言うのかな。朝日でもいいんだけど朝は苦手なもんで・・・)のあたる風景なんかは昔の映画を見ているようでほっこりする。
このメーカーは画質、特に色に関してかなりこだわりがあるような気がする。
(それか技術が無いか・・・リコーさん失礼!)

でも、やっぱり紅葉には不向きだなぁ。
桜や新緑なんかどうなんだろう。
来年が楽しみなような不安なような。

一部のマニアの間で盛り上がっている、リコーGRDとかの高級カメラならそれでも良いと思うけど(あとでパソコンで好きなようにレタッチするだろうから)、このカメラは普及機だから記念撮影をメインにする人が多いと思うので、シャッター押すだけでもう少し見栄えのするようにならんかったかな。

カメラで彩度の調整ができればよかったのにとつくづく思う。

(以下の写真はリサイズだけで、彩度、コントラスト等はいじってません。)

Rimg1347_1










Rimg1368_1










Rimg1410






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

冬支度

Rimg1438













塩化カルシウム(カルシュームじゃないのね)の袋。
道路が凍結したときに撒く、いわゆる融雪剤ネ。

下のオレンジ色の袋は何だろう、成分が違うのか?
写真を見ていて妙に気になってきた、その場でよく見ておけばよかった。

12月3日、国分の大和川にかかる橋(橋の名前は判らねぇ)で、歩道に準備してあるのを見た。
大阪府内でもこんなに早く準備するんだ。
奈良県との県境が近く、山が近いんで橋の上はすぐに凍結するんだろう。

ああ、もう冬なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

またまた、ふなぐちの話。

改めて醸造メーカーホームページのふなぐちの誕生を読んでみると、昭和47年から発売で、もう33年にもなるとは知らなんだ。

私が始めてこの酒を飲んだのは、20年程前野沢温泉へスキーに行ったとき夜に飲もうと、民宿の近くの酒屋で見つけたのが最初だった。
当時は地酒ブームの前で自分自身も20代前半だったので、生酒なんか飲んだことが無く、フルーティーな香りと、甘くこくがありそれでいてすっきりした味にびっくりした記憶がある。

大阪から一晩かけて車で走り朝到着すると、寝ずにそのままスキーを1日すべり倒し、温泉に入った後民宿のこたつでビールとこのふなぐちを飲む。
至福のひとときだったが、何せアルコール度数が19度もあり、いくら若くても寝ていないので、飲みきる前に途中でよくこたつで寝ていた。(それも幸せか)
小さいことだけど、野沢温泉に行く時の大切な楽しみの1つだった。

40代になった今でも野沢温泉に行くと、たいてい当時と変わらず同じ事をしている。
ただ、今は一晩中車で走ると昼まで寝るけどね。

さきほどのふなぐちの誕生のページをみると
”まず県内外のスキーリゾート地の旅館・民宿でサンプルを配布。若いスキー客にアルミ缶入りの生酒をアピールしました。”
とある。
当時若いスキー客だった私は見事術中に、はまったわけだ。

大阪ではもともと一般には売っていなかった(と、思う)が、ここ3,4年はコンビニでも見かけるようになっていて、いつでも飲めるようになっている。
ただ、そうなると自分だけが知っている地酒じゃ無くなり普通の酒になったようで、スキーに行って飲む楽しみが半減しちょっと複雑な気分。

人間(私だけか?)あまのじゃくなもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 6日 (火)

「ふなぐち」の意味

昨日の記事で書き忘れていた事が1つ。
濁点を忘れたとかカップ酒からとったとか書いたタイトルの「ふなぐち」の意味はいったい何なのか?

それは、絞りたての生酒のこと。

酒好きにはあたりまえの話だが、日本酒は蒸した米と麹と水を樽に入れて発酵さしたもの(もろみ)、を布でこしたもの。まあ他に混ぜ物をすることもあるけどね。
(いわゆる清酒、こしてないのは濁り酒、絞り粕が酒粕、ホントあたりまえの話。)
それで日本酒のもろみを絞る槽を「ふね」、そのふねから絞られ清酒となった酒が出てくる口が、ふねのくちなので「ふなぐち」と呼ぶ。転じてそのふなぐちから出てきたままの、絞りたての生酒も「ふなぐち」と呼ぶようになったと言う事らしい。

その辺のことは、昨日の記事の写真にあるふなぐち菊水一番しぼりを、買うと書いてある。

で、そのカップ酒が好きなんでペン立てにして目の前にあったから、タイトルが「ふなぐち」。

さて(酔った)勢いで思わず始めてしまったこのブログ、やっと1週間ほどだが三日坊主の私としては上出来か。
しかしたった一週間だけど自分で実際にやってみると、毎日更新するのはとっても大変で、何で始めちゃったかなと、ちょっと後悔。
毎日ちゃんと継続して更新をされている方は、ホントえらいなぁと思う。

当初紅葉を見に行った顛末を書きたいだけで始めたので、今後、いったい何を書いていくか?
底の浅い人間なんで1つにテーマを決めて、深く書いていけるほど何かを極めたことも無いんで、興味のある事、たとえばお酒、カメラ、自転車、パソコン(みんな中途半端なんだけど)なんかを中心に日々思ったこと、起こったことをへたくその写真なんかを交えながら、書いて行ければいいかな。

なんか腰がひけてるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

タイトル修正 濁点が抜けていた

Rimg1319























このブログは飲んで帰った日に勢いで始めたのでIDやタイトルに困り、適当に部屋の中で目に入る文字から付けようと、手じかにあったペン立てにしているカップ酒の缶の印刷から拝借した。

ブログタイトルは「ふなくち一番しぼり」としたが、改めて見直してみると「ふなぐち」となっていて濁点が入っている。

ガーーーン!

この酒は新潟の菊水酒造の作っているとってもフルーティな香りのする生原酒で、とても好きな酒だったのに・・・ちゃんと読んでなかった。
部屋で1人で赤面した。恥ずかしい。

ということでこれからは、「ふなち一番しぼり」!
(ユーザーIDは変更できない・・・トホホ(;_;) )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

竜田公園 やっと陽射しのあたる紅葉

昨日12月3日、自転車で奈良県立竜田公園へ紅葉を見に行った。
昨日までの記事にも書いたが、今年の秋は天候に恵まれず何度行っても曇り空。
どうしても気持ちのいい紅葉を見たくて、もう一度だけトライ。
時期的にも最後かなとも思う。

竜田公園はJR王寺駅と法隆寺の中間ぐらいにある竜田川沿いにある細長い公園。
公園の北の端は国道25号線も走っており住宅街の中なので、見渡す限り紅葉の絶景とは行かないが、遠景の山も紅葉しておりなかなかの景色。
竜田川は古今集にも詠まれているそうで、万葉の昔から紅葉の名所ということか。
万葉の昔は見渡す限り紅葉の絶景だったのかな。

往復のコースは前回11月19日に行った葛城一言主神社と同じく大和川沿いを利用。
天候は快晴とは行かず曇りがちだったが一応晴れ。
逆に雲があると空に表情が付いてなかなか良い。
今回は行き帰りの途中の山や街路樹も色づいて、なかなかきれいでたっぷり紅葉を堪能した。
これでやっと紅葉を見た実感ができた。
 
 
 
11月19日の葛城一言主神社の時とは逆に朝大阪を出たときは曇りがち

Rimg1325_1















でも今回はきれいな紅葉が楽しめた。

Rimg1365_1















「柿食えば、鐘が・・・」の法隆寺が近いからなのか、とっても柿の木が多い。
公園の中にもたくさん植えられいた。
もちろん渋柿だとは思うが。(写真は畑の中にあったので甘柿のような気がする。)

Rimg1421















お約束の・・・いやあ、体を動かした後の酒はうまい!

Rimg1445











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

葛城一言主神社 またまた曇り空の紅葉

11月19日に奈良の御所にある葛城一言主神社へ自転車で行ってきた。
大阪市内から中央環状線へ、右折し南下、大和川で左折し堤防上の南河内サイクルラインを利用、国分から国道25号線で奈良県内へ、遠回りになるが飛鳥葛城自転車道を利用し葛城川沿いを南下した。
帰りは近鉄御所駅から道明寺駅まで、輪行した。道明寺からは大和川がすぐなので、後は往路と同じコースで帰った。(あっ、途中大阪市内で居酒屋には寄ったけどネ。)

葛城一言主神社は大銀杏があるというので行ったが、予想したほどの高さではなかった。
でもなかなか立派な銀杏だった。
それより神社自体がとっても小さくこじんまりしてたので、びっくりした。境内にテニスコート1面も取れない。
ご利益は大きさと関係ないとは思うが・・・。
でもちゃんと駐車場はあったな。たくさんお参りにくるということか。
ご利益ありそうだな。

Rimg1256












大阪を出たときは晴れていたのに・・・・


Rimg1291





















現地に着いたら曇り空。
昨日と一昨日の記事にも書いたけどこれで3回目、ほんとに今年は天候に恵まれないなぁ。
俺は日陰者か?
日頃の行いが悪いか?
光が欲しい!!・・・(T_T)

あっ、神社で今度遊びに行くときの天候をお願いしておけばよかった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

談山神社

Rimg1244














11月13日談山神社
(十三重の塔がチラッと写っているの判ってもらえるかなぁ)

インターネットの紅葉ガイドで「身頃」になっていたので行ったが、まだ半分ぐらいしか色づいていない。
家に帰って他のサイトで確認したら、「50%色づき」になっていた。
実にいいかげんだ。どう言う事だ!?
でも、こういうのは主観だから仕方が無いか・・・
おまけに朝は晴れていたのに現地に着くころには曇ってきてしまい、写真を撮ってもくすんでしまって色が悪い。(なんか言い訳がましいか?)
だから拝観はせずすぐ帰った。

どうも運が悪い・・・トホホ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

紅葉を見に行ったはずなんだけど・・2

再び大台ケ原紅葉見物(するはずだった)珍道中の続き

Rimg1178













Rimg1184_1






















苔ばかりでは寂しいので、時折寂しげに残っている若い小さな木の紅葉の写真を撮った。
風で背の高い大きな木の葉は全て飛ばされたようで、小さな木だけ葉が残っていた。
それとも、日当たりが悪く小さな木だけ紅葉するのが遅れたということかな・・・?

Rimg1226_1













4時間半ほど下った(山になれた人から見ると倍ほどかかっているかも)逆峠展望台前ぐらいから時折木々の間から見える、むかえの尾根などの遠景はなかなかきれいに紅葉していた。少なくとも肉眼ではきれいに見えた。腕が悪いので写真にはそうは写っていないかもしれないが。

日頃の運動不足がたたってか、後半は足が棒のようになった。
コースの後半は砂利道の林道なので、足がつらくなってきたころ砂利道になり足の裏がとても痛く、追い討ちをかけた。
出発から8時間半、フラフラになり限界かと思ったころやっと、マイカー回送屋さんに林道の途中に止めておいてもらった車に着き、あとは林道を車で下った。
(山でこんな便利なサービスがあるとは思わなかった。キーを預けると麓の下りたい場所に車を回してくれる。)
林道を最後まで歩いていれば真っ暗になっていただろう。想像するとぞっとする。

車の腹を擦らないよう慎重に林道を下りきると小処温泉の真正面だった。
歩いているときは気づかなかったが、温泉の前で車を降りると左の足首が捻挫したように痛み、足を引きずるようにして温泉に入った。
気づかないうちに軽くひねったかも?
一晩寝てたら足首の痛みはほぼ取れたので大したことは無かったけれど、筋肉痛がひどくて2,3日大変だった。特にふくらはぎの痛みがひどく、下りの階段と和式トイレ(汚い話でスマン)で悶絶した。実に情けない。
軽い肉離れを起こしてたかもしれない・・・断っておくけどQちゃんのまねじゃ無いよ。

結局最終的に、紅葉の林の中を下ることはできず天候ももう一つだったが、それなりに楽しめたし、何とか無事に帰ってこれたし(筋肉痛はひどかったけど)行って良かったと思う・・・という事にしておこう。
少なくともその日の夜のビールは最高だった。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »